DVD情報「魔法にかけられて」

2009年06月26日

mahouni.jpg

大好きなディズニー映画です。

「魔法にかけられて」

ディズニーでは珍しく実写メインの作品です。
童話のキャラクターが現実に出てきて、笑えることをやってくれます。
ストーリー中に、アニメと実写が入れ代わるのが、とても面白い!
最終的にはカップルまで入れ代わっちゃいます。

こういう世の中だったら「楽しいなぁ〜」と思うのは現実逃避かな?

壁紙やスクリーンセイバーはオフィシャルサイトよりダウンロードできます。
posted by yamada at 18:00 | Comment(0) | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD情報「幸せの1ページ」

2009年06月25日

nims_island.jpg

家族で見るのにピッタリなハートフル・アドベンチャー

「幸せの1ページ」

作品的には結構笑える内容で、ジョディ・フォスター演じるアレクサンドラ・ローバーという作家が外出恐怖症&潔癖症で、かなり行き過ぎた演技が楽しいです。
ストーリーの舞台も無人島という自然MAXな景観がとっても鮮やかで、まさに幸せのシーンを演出するには相応しい楽園ですね。
何気にジェラルド・バトラーは一人で二役やってますよ。

こういう映画で休日を過ごすのも悪くない感じです。

公式サイトはコチラ
posted by yamada at 18:00 | Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD情報「49日後・・・」

2009年06月23日

49days.jpg

お芝居(舞台)のDVDを紹介。

「49日後・・・」

いかにも暗そうなタイトルだけどご安心を。
老婆が死んだ家を舞台に、掃除屋の4人(古田新太・八嶋智人・池田成志・松重 豊)と葬儀屋(小田 茜)が繰り広げるメチャ笑える作品です。
古田新太と八嶋智人のやり取りがかなりウケます。

内容は・・・
とある老婆が死んだ家を片付ける依頼を受けた掃除屋。
その老婆の家は、ニューヨークアートのように無残に散らかり、血の痕がベットリ。
片付けている途中で、葬儀屋の小田 茜が現場から実印と家の権利書を探してほしいと頼まれる。
葬儀屋の挙動に怪しみながらも掃除屋は捜索を開始することに。
その中で、老婆が死んだ理由やニューヨークアートの謎・葬儀屋の目的が明らかになっていく。
といった感じ。

ちなみツタヤでは、このDVDのレンタルはしてませんでした。
どうしても見たいと言う方は買うしかないですね。
私もコチラのサイトで買いました。(探すの大変でした)
posted by yamada at 18:00 | Comment(0) | 舞台・お芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD情報「カンフー・パンダ」

2009年06月22日

panda.jpg

イカしたパンダが暴れるドリームワークスのアニメ映画。

「カンフー・パンダ」

英語版も日本語版も声優さんの面子がスゴイ!!
子供から大人まで楽しめるオススメの作品です。

内容は・・・
カンフーの達人「マスター・ファイブ」に憧れる冴えないパンダ「ポー」。
ポーが暮らす平和の谷には、「龍の巻物」より奥義を得たものが史上最強の「龍の戦士」になるという伝説がありました。
ある日、龍の巻物を狙う極悪カンフー戦士タイ・ランが脱獄してしまい、そのタイ・ランと戦う龍の戦士としてポーが選ばれてしまう。
もちろんカンフーマスターに憧れるだけのポーはダメダメ。
しかし、師匠のシーフー老師は野生(食いしん坊)の力を利用した修行方法でポーをカンフーの達人へと成長させる。
そして、強くなったポーは龍の巻物を受け取るが、何と中身は白紙・・・
それでもポーは白紙に込められた真実を解き、タイ・ランに立ち向かう。
といった感じ。

ミラクルなカンフー・アクションが最高!!
笑える内容も盛りだくさんです。

公式サイトから壁紙・スクリーンセイバーなんかもダウンロードできますよ。
posted by yamada at 19:23 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD情報「P.S.アイラヴユー」

2009年06月20日

PS_ILoveYou.jpg

今日は準新作系(ツタヤ基準)です。
男性には特に見てほしいと思う作品。

「P.S.アイラヴユー」

泣けると言うほどでもありませんでしたが、すごく楽しめる映画でした。

話の内容は・・・
死んでしまったダンナ(ジェラルド・バトラー)から、落ち込んでいる嫁(ヒラリー・スワンク)に手紙が届き、その指示に従って行動し、ヒラリー・スワンクがだんだん元気になり、メデタシメデタシ
みたい感じです。

私も先に死ぬときは、ジェラルド・バトラーみたいに、こんな演出をして嫁を元気したいです。

ちなみに壁紙は公式ページ(英語)よりダウンロードできます。
posted by yamada at 21:00 | Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。