DVD情報「ワイルドスピードX2」

2009年06月30日

WildSpeed_X2.jpg

またまたスーパーカーが大暴走!!
高速のカーアクションの第二弾。

「ワイルドスピードX2」

今度の舞台はマイヤミ。
主人公は前シリーズのブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)。
話の内容は違いますが、前作の内容・人物もチョクチョク出てくる続編のような感じです。
ただ、シリーズ1と違いストーリーはキチンとできてると思います。

内容は・・・
前作で犯人を逃がしたブライアンは、警察を辞めマイアミでストリートレースのカリスマと化していた。
ある日、ストリートレースを仕切る仲間のテズ(リュダクリス)よりレースに招待される。
もちろんブライアンは余裕で勝利。
しかし、レース終了後ブライアンは警察に捕まってしまう。
だが、警察はブライアンの腕を買い潜入操作を依頼する。
潜入操作の内容は、麻薬取引でマークしているカーター・ベローン(コール・ハウザー)から現金輸送を請け負うこと。
ブライアンは、相棒に旧友のローマン・ピアース(タイリース・ギブソン)を選び潜入操作を始める。
といった感じ。

相変わらず白熱するカーアクションと内部グラフィック。
ブライアンとローマンのやり取りも結構楽しめます。
何気にデヴォン青木が演じるスーキーがセクシー!!

壁紙やスクリーンセイバーなどは公式サイト(英語)よりダウンロードできます。
posted by yamada at 12:29 | Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD情報「ワイルドスピード」

2009年06月28日

WildSpeed_1.jpg

スーパーカーが大暴走!!
高速のカーアクションが爽快な映画。

「ワイルドスピード」第一弾

スープラ・GT-R・RX7・インテグラなど、心を熱くしてくれるカスタムスポーツカーがロサンゼルスを舞台に走りまくります。
ストーリーは滅茶苦茶ですが、車好きには嬉しい作品です。

内容は・・・
舞台のロサンゼルスでは、高級品を積んだトラックを狙った強盗事件が続発していた。
ポール・ウォーカー演じんる主人公?のブライアン・オコナーは、潜入操作のためストリート・カーレースのカリスマ「ドミニク(ヴィン・ディーゼル)」に近づく。
潜入操作を続けているうちにドミニクのチームが犯人であることが解明される。
しかし、その時にはブライアンとドミニクには友情が・・・
最終的にブライアンはドミニクを逃がしてしまう。
こんな感じ。

車がトラックの下を走ったり、車内部のグラフィックが感動します。
でも、最近の日本ではあまり流行らないですかね。
スポーツカー乗る人も減ってるみたいだし。
posted by yamada at 18:00 | Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD情報「魔法にかけられて」

2009年06月26日

mahouni.jpg

大好きなディズニー映画です。

「魔法にかけられて」

ディズニーでは珍しく実写メインの作品です。
童話のキャラクターが現実に出てきて、笑えることをやってくれます。
ストーリー中に、アニメと実写が入れ代わるのが、とても面白い!
最終的にはカップルまで入れ代わっちゃいます。

こういう世の中だったら「楽しいなぁ〜」と思うのは現実逃避かな?

壁紙やスクリーンセイバーはオフィシャルサイトよりダウンロードできます。
posted by yamada at 18:00 | Comment(0) | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD情報「幸せの1ページ」

2009年06月25日

nims_island.jpg

家族で見るのにピッタリなハートフル・アドベンチャー

「幸せの1ページ」

作品的には結構笑える内容で、ジョディ・フォスター演じるアレクサンドラ・ローバーという作家が外出恐怖症&潔癖症で、かなり行き過ぎた演技が楽しいです。
ストーリーの舞台も無人島という自然MAXな景観がとっても鮮やかで、まさに幸せのシーンを演出するには相応しい楽園ですね。
何気にジェラルド・バトラーは一人で二役やってますよ。

こういう映画で休日を過ごすのも悪くない感じです。

公式サイトはコチラ
posted by yamada at 18:00 | Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD情報「49日後・・・」

2009年06月23日

49days.jpg

お芝居(舞台)のDVDを紹介。

「49日後・・・」

いかにも暗そうなタイトルだけどご安心を。
老婆が死んだ家を舞台に、掃除屋の4人(古田新太・八嶋智人・池田成志・松重 豊)と葬儀屋(小田 茜)が繰り広げるメチャ笑える作品です。
古田新太と八嶋智人のやり取りがかなりウケます。

内容は・・・
とある老婆が死んだ家を片付ける依頼を受けた掃除屋。
その老婆の家は、ニューヨークアートのように無残に散らかり、血の痕がベットリ。
片付けている途中で、葬儀屋の小田 茜が現場から実印と家の権利書を探してほしいと頼まれる。
葬儀屋の挙動に怪しみながらも掃除屋は捜索を開始することに。
その中で、老婆が死んだ理由やニューヨークアートの謎・葬儀屋の目的が明らかになっていく。
といった感じ。

ちなみツタヤでは、このDVDのレンタルはしてませんでした。
どうしても見たいと言う方は買うしかないですね。
私もコチラのサイトで買いました。(探すの大変でした)
posted by yamada at 18:00 | Comment(0) | 舞台・お芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。